電験2種書き込み式最強計算ドリル
new
5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f 5cfb0a033f4fee105a91654f

電験2種書き込み式最強計算ドリル

¥2,530 税込

※こちらはダウンロード商品です

denken2_drill.pdf

3.2MB

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー5件
本書は電験2種に必要な数学的知識を短時間で会得するための書き込み式計算ドリルです。 問題編と解説編で構成され、解答編では細かい部分まで途中式を掲載しているので、計算の流れを掴みやすくする工夫をしています。 章構成は以下のようになっており、電験2種に必要な単元を網羅しています。 1章.ベクトルの表し方 2章.対数 3章.対数のグラフ 4章.微分 5章.積分 6章.微分方程式 7章.部分分数分解 8章.ラプラス変換 9章.極限 10章.行列 電験2種では高校数学で学ばない微分方程式やラプラス変換などの高度な数学的知識を要求されますが、本書は、各小単元において「説明」→「例題」→「演習問題」という流れで構成し、すぐに問題に取り掛かれるのでスムーズな学習効果が見込めます。 また、見て学ぶよりも自らの手で問題を解いて学ぶ方が学習効率が高い事から全ての問題を書き込み式としています。 過渡現象・ボード線図・ヘビサイド展開定理といったあまり他の参考書でも触れられていない数学的知識についても本書では分かりやすく説明していますので、電験2種の数学的知識でお困りの方に是非ともご活用していただければと思います。